トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月24日 (木)

ロシアレストラン

横浜に行ったら、このロシアレストラン「アムール」は要チェックだ。関内駅 日ノ出町から徒歩8分で、デザイナーズマンションを思わせるスタイリッシュなインテリアは、どこかインターナショナルな雰囲気がある。

b429001v
b429001v posted by (C)tamtam8181

実はこのレストラン、知り合いがやっていて、かくいう私もしばしばロシア料理を食べたくなると出かける。家では和食党の妻は、ほとんどロシア料理を作らない。結婚してすっかり和食党になった妻は、食生活が激変したため、なんと貧血症になってしまった。この病気、西洋人には少ないそうだが、今では定期的にチェックを受けている。

>b429001l
b429001l posted by (C)tamtam8181

スタッフも皆さんホスピタリティーに富んでいて、気安い。ロシア人コックが作る家庭料理は、東京周辺でも指折りの秀逸なおいしさだ。だいたい私を含め、自称グルメのうるさがたがあれこれ批評するのでコックは研鑽に励むしかなく、必然的にその質は向上していくようだ。                                                               

b429001ps2
b429001ps2 posted by (C)tamtam8181

ロシア人バーマンがリカー類をサービスしてくれる。異国的な雰囲気を楽しみに、東京からで訪れるカップルも多い。金曜日、土曜日の深夜はディスコに変身、朝までロシア人娘たちで大賑わい。9時~12時ぐらいまでの間は比較的空いているので、ゆっくりと料理を楽しみたい方は、この時間帯がお奨め。ウオッカのコレクションはちょっとしたものだ、いける口なら色々試すのも良いだろう。

b429001rc_1_1
b429001rc_1_1 posted by (C)tamtam8181

コース料理も用意されている。またその日のお奨め料理もスタッフに尋ねたら良い、何が美味しいか教えてくれる。私のお薦めは「サリャンカ」、これはスープなのだが実に美味しい。それと「黒パン」が絶品、これは毎日特別に焼いてもらっているそうだ。本物の黒パンはなかなか入手できず行くといつも、此処のをおみやげで買って帰る。

詳細はhttp://r.gnavi.co.jp/b429001/ぐるなびのサイトでチェック       

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

パスハ

Воскресениеヴァスクリセーニィエが近づいてきた。例年家族でお茶の水のニコライ聖堂に礼拝に行く。本堂での礼拝は土曜日の午前11時半から日曜日の午前3時までで、東京在住のロシア正教信徒が大勢集う。勿論ロシア人のみならず、日本人の信徒も少なからず礼拝に来る。

nicorai1_0212
nicorai1_0212 posted by (C)tamtam8181

Пасха パスハと呼ばれる復活祭は25日から一週間続く、ロシア語の日曜日воскресеньеヴァスクリセーニエは復活祭のВоскресениеヴァスクリセーニィエに由来する。発音が似ているので、私には聞き分けが難しいく、妻に尋ねると「違いはない」と言うのだが。四月の四週目の日曜日(今年で言うと27日)がВоскресениеヴァスクリセーニィエПасхаパスハだ。毎年四月の四週目の金曜日(今年で言うと25日)にはみんなでタマゴに色をつけПасхаパスハの一週間に家で飾ったり、お友達の家にあげたりする。例年我が家にも何軒かのロシア人の家庭から、パスハのタマゴが届く。

chick and Easter egg 6
chick and Easter egg 6 posted by (C)tamtam8181

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

Диверсант

「Диверсант」2007年

シリーズ映画で全編8時間24分の大作なのだが、男の友情を描いた映画で久々に感動させられた。ナチスと戦う戦時下と言う状況の中で、チェッカー(秘密警察)に弄ばれた赤軍兵士たちの姿を独特の映像美で見事に捉えている。若き日のブラッド・ピットを彷彿させる新人の演技力も素晴らしく、今後の活躍が期待される。

前稿で記載したように、Tokio のリードボーカルの Ярослав Малый が負傷したグルジア人将校役で出演していて、これには驚いた。最も彼の顔立ちは、そっち系なのだが名字がグルジア系とは判らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Кагда ты плачешь

映画の主題歌にもなり、ヒットした Tokio の「Кагда ты плачешь」(君が涙するとき)のご紹介。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Tokio-ユニークなアーティスト

映画の主題歌にもなり、ヒットした Tokio の「Кагда ты плачешь」君が涙するとき)を紹介しよう。

このグループのリーダーでもあるリードボーカルのРрослав Малыйは、個性的なシンガーだ。囁きかけるように歌う独特の詠唱は、ロックグループのボーカリストとしては特異だ。いつも笑みを見せる外見とソフトな歌声だからこそ、実はそこに潜む荒々しさ、強さを一層感じさせる何とも魅力的なアーティストだ。勿論ロックグループであるからして、シャウトさせたら非常に強い声を出すのだが、その落差もまた面白い。

シリーズもののロシア映画「Диверсант」に出演している彼を見つけて、これまた驚いた。この映画はいくつかの点で特筆すべきものがあるので、次稿で改めてご紹介しよう。  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2008年5月 »