« ロシアレストラン | トップページ | パスハのタマゴ »

2008年5月 9日 (金)

ロシア新大統領誕生

  Big200270_2

7日にロシア大統領に就任したДмитрий Анатольевич Медведев(ドミトリー・アナトレヴィッチ・ メドヴェジェフ)の、クレムリでの就任式の写真が有る。下段画像は右手を添え、宣誓している珍しい画像だが、 一体何に対して宣誓しているのだろうか。Конст...と Россий...までは判別が付くが、どうも聖書ではなさそうだ。 ロシア連邦憲法か、次稿までに調べておきますね。

このメドヴェジェフ新大統領、長年にわたるプーチンの股肱の部下たることはよく知られた事実。 プーチンと同じサンクトペテルブルグ大学の法学部出身の法律家だが、 プーチンのサンクトペテルブルグ時代に法律顧問に乞われて以来というもBig200260_3の、プーチンの出世と共にあれよあれよという間に(プーチン自体が、 スルスルと大統領になったという感じですが)、大統領にまでなりました。良くも悪くもプーチンの影響下にあることは、 否定のしようがない。

8日の昨日には予定通りに、下院で392対56という圧倒的多数の決議を受け、 プーチンが首相に就任した。 下院の7割を占めるプーチンが党首を務める「統一ロシア」と言う与党での首相とは、いくつかの重要な意味を持つ。 まずこの首相の任期が無いと言うことだ。任期のない首相として、長期的にかつ安定的に権力を握る立場にある。

 

Erp0805082025005p1_2さらには、絶対多数を握る「統一ロシア」の党首として議会を通じ大統領を罷免することも可能だ。 ことほど見事な権力掌握の構図の描き方とそれを可能にした実行力とに、恐れ入るしかない。現在の世界の首脳たちを見渡しても、 彼に勝る人物は一人たりともいないのでは無かろうか。メドヴェジェフ新大統領が自ら呼んだ、「二頭体制」がこれから続くわけだが、 どう走るのか非常に興味深い。                        

プーチンと言えば、2月ごろからロシア国内で一部くすぶっていた元新体操の金メダリストで現下院議員のАлина Кабаева (アリナ・カバエヴァ)との再婚説だが、4月に入りロシアの大衆紙で報道され一気に表面化した。中でもこの報道に熱心だったのは 「モスコフスキー・コレスポンデント」紙だったのだが、プーチンの4月18日の否定直後、休刊してしまった。「刊行費が巨額すぎるのと、 新聞の作り方に対する我々と編集部との考え方の違い」とは、同紙を所有する国民メディア社の弁だが、さてどういうことか。 「デモクラティックでないね!」とは、妻の一言。果たしてそうなんでしょうか。 

Photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Алина Кабаева

|

« ロシアレストラン | トップページ | パスハのタマゴ »

政治、経済、社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030487/20850033

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア新大統領誕生:

« ロシアレストラン | トップページ | パスハのタマゴ »