日記・コラム・つぶやき

2008年5月31日 (土)

官僚主義それとも親心?

家庭内で、ちょっとした惨事があった。

実は今日31日に成田へ、12歳になる息子が帰国する予定だった。 日本の小学校とロシア大使館内のロシアの学校と平行して通っていた息子は、我が家の教育方針で小学校卒業後、現在は妻の実家(ニジニ・ ノブゴロード市)から市内の学校に通っている。夏休みで日本に帰国させるべく、 今回初めての息子単独での帰国旅程を組んだのだが......

妻の実家のあるニジニ・ノブゴロード市は、ボルガの源に位置し人口がロシア3番目の重化学工業都市で、 モスクワから500km南西に位置する。車でモスクワまで6時間程度だが、道路網が整備されていないのでかなり疲れる。 そこでモスクワまでは、たいてい列車を利用することになる。夜ニジニ・ノブゴロードをたち、朝モスクワに着く12時間の夜行列車の利用だ。 モスクワまで見送る祖母と一緒に29日にニジニ・ノブゴロードから夜行列車に乗り、 30日モスクワからのフライトで今日31日の午後成田に着く予定だった。

日本時間の朝方、出立の安否を確認する電話を入れたら、なんと家に息子が居るではないか。書類不備で出国出来ず、 モスクワから戻ってきたという。詳細は不明なのだが、児童の一人旅には親の承諾書が必要とか、それもオフィシャルな書面が必要であると言う。 在日の場合は、大使館や領事館での公印を伴う書面だと言う。ロシアとの関連、そして諸事の経験も浅からぬ私だが、 そんな話は聞いたこともなく全くの寝耳に水。

「そんなことも解らない貴方が悪い、6月6日は息子の誕生日なのにどうしてくれる。」と、怒りを私にぶつける妻。 欧米での児童単独での出国規制なぞ聞いたこともなく、勿論日本にも有りません。ソ連時代ならともかく、 ロシア連邦になってからの規制でしょうか。それにしても、大勢の在日ロシア人家族の知り合いが居るのだが、 このことに関して長年全く聞いたことが無かった。まあ、ロシアの法律とまたその運用諸規則は、よく変わることも事実だが。今回のことは、 ロシアの官僚主義に基づくことなのか、それともロシア国民である大事な子供を保護するための国家としての親心なのか、 考えさせられた一幕ではありました。

どなたか類似の経験をお待ちの方いらっしゃるでしょうか、おいででしたら是非コメント下さい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)